HOME > 兎穴の分かれ道 > 保管庫 > 早く隠居したい~マヨネーズを目指して~ > 本編 1

君の友人の彼だけど、なんか転生したみたいです。

やあやあ、久しぶり。
今さっき気づいたんだけど、ちょっと見ないうちに大昔に転生とかわけのわからないことに巻き込まれてしまったよ。
しかも武家の次男。

家を継ぐ必要もないし、生まれながらにニートかマスオさんの二択しかないんだけど情けなくて泣けてくるね。

いでっ!

はいすみません、泣きます、泣かせていただきます尻叩かないで!

「おんぎゃあぁぁぁぁぁっっっ!!!」

・・・赤ん坊の尻は繊細なんだよ?

二度目の人生の初めの教訓は普通に息してても生まれたらまず泣かないと叩かれるってことでした。
あれって息をする為に泣いてるんだから息してれば必要ないんだけどね!

形式が大事なんですか?
さすが武家!
変な所でこだわりがおありになるようで。

とりあえず第一関門はクリアーしたけど、これからの幼児プレイを考えると地の底まで落ち込みそうだわ。

落ち着いたらまた連絡します。

本編 2へ

表紙へもどる
分かれ道へ戻る
保管庫へ戻る