HOME > 兎穴の分かれ道 > 保管庫 > 早く隠居したい~マヨネーズを目指して~ > 本編 2

やあやあ久しぶり。

やっと首が据わったよ、祝ってくれ。

あれから俺のほうも色々とあってね。
筋肉の発達が未熟だから仕方ないんだけど何一つ自分でできないって辛いものだね。
オムツ交換なんて頭が真っ白になるかと思うほど恥ずかしかったし、そうそう、この前寝返りを打とうと思ってがんばったら首がものすごい角度に曲がっちゃってさ。
びっくりしたね。
すぐに乳母が見つけてくれたけど、赤ん坊の柔軟性を舐めてはいけない。
とりあえずもうありえない曲がり方をしてる自分の首をただ認識してるだけの状態に陥ることはないだろうけど、あれはなかなかにスリリングな体験だったよ。

あともう一つ。
男として一言言いたい。
せめて授乳受けさせられるんなら実母のほうが良かったな。
まだ目が良く見えないからぼんやりとしか見えないけど声からして14、5才位なのかな?
うん、まだ体が発達しきってないうちの出産の危険性はともかくとして俺の母親ならせめて声だけでもいいんで癒しの提供をして下さい。
将来の守役とセットで選ばれたからって乳母の方はちょっと年上過ぎるって言うか。

ああ、他にも話さなくちゃいけないことが多いな。
なんせ赤ん坊なんですぐ眠くなるんで体系たって理路整然と話をすることが難しいんだ。

ええと、
俺が生まれたのは貧乏でもないけど贅沢三昧できるほど位が高いわけじゃないって位の武家でそこの次男です。
上に兄がいるってことは家督を継がなくて良い代わりにアクシデントで長男が死んだ時用のスペアとして他家にすぐに養子に出されることもないってわけ。
兄に子供が生まれてその子供が元服するまでな!
まあその辺の話は赤ん坊の周りで話をしてた鬼畜がいるわけじゃなくて俺の持ってる知識から判断してるわけだけども。
三男以下ならともかく、次男ってことは他家に養子に行くこともできないし、家を出ることもできないってわけだよ。
結婚して即効で子作りして貰うとしても元服まで最短で12年(数えでなので実際は11年)。
どんなに早くても俺が開放されるまでにはこれから27、8年は掛かるわけだ。
約30年、俺は家に縛られないといけない。

お先真っ暗だよ、はぁ・・・。

この時代人生40年、とっくに老年だっつの。
冷や飯食らいって言葉がある位、家督を継がない兄弟の扱いは酷い。
今はまだ赤ん坊だから良いけど、元服して他の人間が役目を果たしだすようになると途端に目が冷たくなるんだろうな。
好きで家に縛られるんでもないのにな。
酷い話だ。
なんせ万が一家を継ぐことになった場合家柄の良い娘を正室にしなけりゃいけないから結婚もできないんだぜ?
もし身分の低い娘の産んだ長男がいたら大変だからな。
冷や飯食らいの老後は出家か寂しい独り身で死ぬって相場は決まってる。

ああでも、もっと贅沢三昧できるクラスの上位の武家だったらまだ違ったな。
うちくらいの家だと単なる冷や飯食らいで、その妾にでもなろうものならその辺の商人の妻のほうが贅沢できる上にしきたりとかだけ厳しいからなり手はいないけど上級武士の家なら冷や飯食らいって言ってもそれなりに贅沢できるし家督争いに参加できるはずもないくらいの身分の妾なら囲えないこともない。

まあ俺には関係のない話だけども。

愚痴ってばかりだな。
ついでに言っとけば今の俺の父も母も大分若いみたいで今の所側室はなし。
あとは5つ上の兄が一人。
ぶっちゃけ名前も顔も区別がつかん。
なんせ赤ん坊の視力だし。
声だけが便りです。
話し掛けてきてくれればいいんだけど、そうじゃなければ母親位しか区別がつかん。
さすがに室内から出ないだけあって色が特別白いからな。
父は一番チビな男。
まあまだ成長期だし。がんばれ父上。
兄に関しては守役やら遊び相手やらの子供に囲まれてるとさっぱりわからん。
活発なのは良い事だが考えなしに突っ走って自爆するのはどうかと思うよ。
昨日木から落ちて乳母を絶叫させてたし。

今の俺に話せることはこれくらいかな?
なんせ目は見えないし、両親の名前すらわからん。
お館様と奥方様、寅若様らしいよ。

ん?ああ、一つ紹介できることがあったな。

改めまして、俺の兄の名前は寅若らしい。
あれ?俺の名前は?

本編 3へ

表紙へもどる
分かれ道へ戻る
保管庫へ戻る